田舎暮らしに選ぶ栃木県矢板市・那須エリア:交通手段で選ぶ田舎の住まい

三星商事のお知らせ・ブログ

田舎暮らし:理想の田舎探し

最近では、東京都内で勤めていた娘・息子、子供夫婦がUターンして戻ってくるという話を聞くようになりました。
コロナ禍でリモートワークが日常化したからでしょうか。

「週1回程度の通勤で良くなったし、だったら夫婦で引っ越してきてもいいよね。」
といった考えが多そうです。

実際、週1回の通勤だけだとしたら都会の暮らしは窮屈に感じそうです。
出身が地方だったら尚更かもしれません。
いや、都会とか田舎とか関係ないかもしれません。
夫婦や家族が1日中家の中で顔を合わせていたら、無駄ないざこざも生まれてしまいそうです。

田舎に暮らし、子どもが都心で働くという環境の私たちにとっては、子どもが孫を連れて帰ってきてくれたら、そんなに嬉しいことはありません。

交通手段で選ぶ「田舎の住まい」

弊社で扱う物件の多くは矢板市・那須周辺地域です。
このエリア内で、交通手段が「自動車」の場合と「電車」の場合とどちらも意外に便利なのです。
会社が東京・埼玉方面だった場合と仮定しています。

新幹線通勤が便利「那須塩原」

●那須塩原駅から東京駅まで1時間8~15分程度。
●新幹線「なすの」の始発駅だから自由席定期で座れる。
●「駅前に住む」が実現できる。
●駅前駐車場が安い。

実際に那須塩原から東京まで通っているビジネスマンも多いと思います。
そして何より、那須リゾートですから休日は温泉にリゾート、そして大自然を満喫できるのです。

実は私も20代の時に宇都宮市から東京、溜池山王まで新幹線通勤をしていましたが、家を買う場所として那須塩原市は通勤圏内でした。毎日都内へ通うのも、田舎暮らしも両方叶う場所なのですね。

自動車通勤なら矢板市

栃木県矢板市、ここは小さな市ですが東北自動車道のインターが2つ、周辺にも小刻みに I.C. とスマートI.C.が点在します。最近では矢板北スマートI.C.が開通し、ますます自動車での移動が便利です。
矢板北エリアは、まさに本格的な田舎暮らしを実現できるエリア。本格的な田舎です。
自動車での通勤をされる場合は、マイホーム計画におすすめです。
より大きな、より理想に近い住まいを、理想的な費用で実現できることと思います。

矢板市周辺での田舎暮らしを推奨する弊社としては、是非ご遠慮なく不動産のご相談をしていただきたいと思っております。
住んでからも頼れる「街の不動産」になりたいと思っています。

矢板市の北部は山。
大自然に囲まれています。県民の森があり、自然の中で本格的なアクティビティや散策・登山ができる本格的な「田舎」です。

最近の記事

Copyright©2022 Mitsuboshi shoji Co.,Ltd. All rights reserved.*